Quatuor AVENA

サックス奏者・サクソニスト

Quatuor AVENA 画像3
  • 名前:
    Quatuor AVENA(クワチュール アヴェナ)
  • 専門:
    サックス四重奏
  • ジャンル:
    クラシック・ジャズ・ポップス・クロスオーヴァー

メッセージ

現在フランスを中心に演奏活動を行なっており、クラシックのコンサートはもちろん、レストランやホテルでのポピュラーな曲での雰囲気作りも得意としています。ご依頼主様のご要望にお応えできますよう、幅広いレパートリーから曲を厳選し、心を込めて演奏させていただきます。

アーティスト経歴

2016年に結成された『クワチュール・アヴェナ』は、フランスのストラスブール音楽院で学ぶ4人のサクソフォニストで構成され、それぞれの奏者が異なる国籍を持つ。サックスにおけるクロス・オーヴァーのパイオニアであるフィリップ・ガイス氏の元で研鑽を積む。バロック音楽から現代音楽・ジャズや即興演奏に至るまで幅広いレパートリーを持ち、現在もストラスブール各地で演奏活動を行っている。

第20回イルザック国際室内楽コンクール、セミファイナリスト。2017年6月にフランスのRemiremontにて行われた第一回室内楽コンクールにて第1位を受賞。同年に、パリのセルマー本社にてガラコンサートを開催。2017年秋には東京・大阪・名古屋・岡山にて初の日本ツアーを開催。くらしきサクソフォンフェスティバルなど、様々なコンサートにゲストとして出演。くらしき国際サクソフォンコンクールでは室内楽部門第一位並びに特別賞「冨岡一男賞」を受賞。ブーローニュ(パリ)で行われた室内楽コンクールにて第1位(LePrix de la Ville de Boulogne-Billancourt)及び特別賞を受賞。

Sop. Nicolas Allard (フランス出身)

Alto. Fabio Cesare (イタリア出身)

Ten. Sumika Tsujimoto (日本出身)

Bar. Adam Campbell (南アフリカ出身)

Scroll Up