辻川 郷

ドラム奏者・ドラマー

辻川 郷 写真1
  • 名前:
    辻川 郷(ツジカワ ゴウ)
  • 専門:
    ドラム・パーカッション
  • ジャンル:
    ポップス・ロック・ブルース・ジャズ・フュージョン etc...

メッセージ

こんにちは。ドラマー、パーカッション奏者の辻川郷です。素晴らしい演奏はときに聴く者の人生さえも変えてしまうことがあります。今や音楽はCDやネットでダウンロードすることが主流になりつつありますが、そうはいってもやはり、演奏しているミュージシャンの鼓動や空気がダイレクトに伝わる生演奏を聴くのはとても素晴らしい体験です。是非皆さまにその生演奏の素晴らしさを伝えたいと強く思っています。

アーティスト経歴

京都府福知山市出身。中学2年からドラムを始める。大学卒業後の’11年に独学でモーラー奏法・グラッドストン奏法を習得し、自身のElectroDancePopバンドWelcome Toxicityを結成。ドラム、パーカッション、ラップMCを担当し、作詞・作曲・編曲を担当することもある。’13年、プロデュースにスピッツやCoccoなどを手がけた石田ショーキチを迎え、1st mini album『WELCOME TOXICITY』をリリース。現在は梅本啓介氏に師事。ウネるような独特のグルーヴの虜になるシンガーも多い。自身のバンドの他にも幅広いジャンルのアーティストのライブやレコーディングのサポートも行う。

Scroll Up